Amazon

よよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

価格改定などで話題になったAmazonですが、日本のAmazonにプライムが導入された2007年からプライム会員の僕にはあまり関係の無い話でした。

というわけで!今回はAmazonプライムの特典についてまとめてみましたので、プライム会員検討中の方は参考にしてみてください!

 

年会費は世界最安3,900円

ひと月にすると325円で、これは世界と比べても日本のAmazonは爆安です。アメリカでは1万を軽く超えてきます。非会員なら「お急ぎ便・日時指定便」が1回360円(514円)なので、月に一回注文するだけで元が取れる計算です。うーん、安すぎる。

プライム配送特典

前述した通り、「お急ぎ便」が使い放題となります。一般的にその日に注文した商品は翌日に家に届きます。最速ですと、朝注文した商品が夜には届くなんてことも!さらに、発売前の商品を予約注文すると、発売日当日にちゃんと届けてくれるんです。発売日にお店に急いだが売り切れてるなんてことはもうありあせん。

当初はこれだけだったAmazonプライム会員特典ですが、近年大幅にサービス内容が充実してきました。しかも別途料金がかかることなく、年会費3,900円に全て含まれています(一部例外あり)。

amazonパントリー

注文関係の特典は他に「amazonパントリー」があります。これは日用品など細かなものをまとめ買いする際に使用できます。カートに入れていくとパーセンテージが表示され、1箱に詰めていく感覚で買い物をします。例えば、カップラーメンをAmazonで買おうとすると1箱単位になりますよね。それを1個単位でいろいろ買いたい場合に、パントリーストアから選ぶことが出来ます。ただし、プライム年会費とは別途で1箱290円の料金がかかりますので注意。まだあまり使用する機会はありません。

amazonビデオ

HuluやNetflixなどといった定額制動画配信サービス同様、映画やドラマが見放題となります。作品数約2,000本と大手にかなり劣りますが、「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」など、劇場版をほぼ全て取り揃えているところが最高。僕はHuluも使っていますが、「amazonビデオ」人気映画に重点を置いたような取り揃えに感じます。「観るものないな〜」という事態にはまだ陥りません。

 

Prime music

Apple Musicのような定額制音楽配信サービス。やはりこちらも曲数は大手よりかなり劣ります。こちらもまたApple Musicを使っていますが、結局どちらも既存プレイリストを作業用BGMにする使い方をしていますのでそこらへんでは曲数によるストレスはありません。しかし、「あの曲ないかな?」と探そうとすると、Apple Musicにしかない場合がほとんどですので、「Prime music」だけに絞ることはできないでいます。

 

Prime photos

Amazon Cloud DriveというAmazonのクラウドストレージが誰でも5GBまで無料で使えますが、プライム会員になると写真を無制限(非圧縮)で保存できます。RAWデータも保存できるので、もう写真のためにHDDを用意する必要がありませんね。凄すぎます。

 

kindleオーナーライブラリー

こちらは電子書籍kindleを利用している人向けのサービスで、毎月1冊本が無料で読めます。考え方はレンタルに近く、オーナーライブラリーで購入した本を削除しないと次の本を読むことはできません。その権利が1ヶ月で利用できるようになるので、毎月1冊という表現になるわけですね。ラインナップはkindleストアの全てが対象になるわけではなく、専用のストアがありますのでそこに並んでいる本からの利用となります。読み応えのあるものから、そうでないものまでたくさんあります。

 

タイムセールに30分早く参加可能

Amazonタイムセール、ちゃんとチェックしていますか?毎日お得なセールが静かに実施されていますが、このタイムセールに30分早く参加できちゃいます。開催した途端に売り切れているものは、プライム会員の仕業ということです。SDXCカードやポータブルHDDなど、できるだけ安く買いたい品をいち早く確保!

 

学生なら1,900円で会員に

ただでさえ至れり尽くせりのプライム会員ですが、学生ならなんと1,900円で会員になれちゃいます。しかも6ヶ月無料キャンペーンという、凄まじいサービス。つくづくAmazonは本当に素晴らしいサービス内容です。社員たちの血に滲む努力も労っていきたいものですね。