よよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

 

先日、Amazonの鬼安タブレットでお馴染みの「Fire」タブレットを購入しました。結果、やはり4,980円タブレットだ。ということでした。

 

一番の目的は電子雑誌の閲覧だったが

iPhone7Plusで雑誌を読んでいて、「少しでも大きな画面になれば読みやすいだろう」というのが安易な考えでした。Fireタブレットの解像度は低く、文字潰れが凄まじい!拡大表示しないと読むことができないので、7インチのディスプレイはiPhone7Plusより優秀ではありませんでした。残念!

 

処理速度や回線速度が弱すぎる

アプリや電子書籍のダウンロードが遅く、読みたい本を読みたい時に読めないのも難点。そしてダウンロード中は他のアプリの動作にもかなり影響し、アプリが起動しないこともあります。専用アプリストアからおすすめアプリをまとめてダウンロードできるのですが、そんなことやった日にはうんともすんとも反応しなくなります。残念!

 

見た目のチープ感

安っぽい(まぁ実際安いんだけど)マット感、プラスチック感、中身の詰まって無さそうな筐体は、所有感を満たしてくれない!残念!

 

Amazonビデオの視聴は快適なのがウケる

Amazonビデオに関しては、ウソみたいに快適です。映画を選んだ瞬間すぐに再生されます。あのクソ忌々しいAmazonビデオのインターフェースも、タッチデバイスのためにデザインされてるんだと改めて実感。また、その高すぎない解像度が、映像を柔らかくしてくれ、見やすさのポイントになっているのがまた面白い。

 

にしてもさすがAmazon、宣伝上手です。