fishing-fishing-tackle-fisherman-bait

ブログタイトルが王様風になってしまいましたが、今回はバサクラ2連覇、青木さんの書籍をご紹介します。

バス釣りに関する本や雑誌、DVDなどは数多く出ています。初心者が多くやってしまうのが、雑誌や動画などで釣れているヒットルアーのみをピックアップし、それだけを買って釣行へ。「あ!このルアー釣れるんだ!」と思ってしまい、同行した仲間に「このルアーめっちゃ釣れるんだぜ」と豪語して1日中それだけを投げてしまう・・・。僕にもその経験はあります。。

しかし!大事なことは何か。その日その場で状況を判断し、バスのいる場所にバスが食うルアーを投げるということ。そんなふうに釣りをさせてくれる材料となる考え方を、蒼き釣り師青木さんの本には書いてあります。

バス釣りがある日突然上手くなる

この本には、主にバスの性質を知ることができます。生物学的なことではなく、青木さんが体得したバスに対する実践的な見方を、季節や時間、場所、天候などあらゆる面からバシバシ書いています。これを読んだ後は、いつものフィールドがまた違った目線で見ることができるので、釣行が楽しくなります。

適材適所のルアーセレクト

前者で「フィールドの見方」や「バスの居場所や性質」を学んだら、次はこちら。実際に投げるルアーについて、具体的に細かく書いてあります。スピナーベイトをただ巻くだけの人、ブッシュにスモラバを投げてシェイクしていた人、シンカーやフックをなんとなく感覚で選んでいた人、これを読めば更にルアーの使い方を知ることができ、効率的なアプローチができること間違いなし!

両者に言えることは「とにかく釣る」というのが目的。もちろんバス釣りの目的は「釣る」ってことですから問題はありませんが、「俺はひたすらぶん投げて巻いて釣るぜ!」みたいな釣り方がある人には向かない内容かな?

「こうすると釣れるよ!」という妄信的な内容ではなく「これはこれでこうだから、あとは自分で考えて釣りな」といったような、「釣りの技術」を根本的に見なおさせてくれる内容となっていますので、ライバルと差をつけたい人は是非読んでみよう!