よよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

夏日も増えてきて、居酒屋もテラス席が埋まることが増えてきました。僕も最近ほぼ毎日お酒を飲む自堕落な生活を送っています!

楽しいと飲み過ぎてしまい、次の日最悪な気分になることもしばしば。今回はそれをできるだけ防ぐ簡単な方法を載せますので、みなさんもお酒で失敗しないようにしてください!

 

1.ウコンの力

これは言わずと知れた最強の妙薬。酔いたくても酔っぱらえないどころか、次の日のスッキリ具合が格段に違います。飲むタイミングですが、最初に飲むと飲み会の最中もガンガン冴えた状態でいられます。飲み会の後に飲むと翌日のスッキリ具合が爽快です。

僕はガンガン飲んでしまう日は飲んでる最中に気持ち悪くなって帰りはもう吐きながらといった状態が多いので、最初に飲んでおきます。潰れたくても潰れない、最高の秘薬です!

「ちょっとコンビニ行ってきます」とかいってウコン買ってきちゃうと「お前ヤル気満々だな!」ってなっちゃうので、顆粒タイプを携帯しておくのもおすすめ。

 

2.ヘパリーゼ

これもお酒を飲む前にぐいっと飲んでおきましょう。肝臓、胃や腸の働きを助けてくれるので、酔い疲れをすぐに整えたい時におすすめ。

 

3.空腹はとにかく避ける

空腹時のアルコール摂取はいろいろ危険です。酔が直接回るどころか、内臓へのダメージがえげつなく、翌日死ぬ思いをします。これを防ぐために、できるだけ胃の中になにか入れておきます。できれば乳製品と一緒に豚肉や牛肉など消化の遅いものを食べることで、飲んでる最中も消化活動行えます。

そして身体に負担をかけるので絶対にやめて欲しい荒療治ですが、吐きたい時に胃の中に何かがあると吐きやすいです!

 

4.水、グレープフルーツを積極的に摂取

飲んでる最中も水を飲み、もはやグレープフルーツを使ったお酒をたまに挟みましょう。グレープフルーツそのものがあればそのままかじってもいいです。最悪、切ってタッパーに入れて持って行ってもいいと思います。それぐらい効果はありますので是非!

 

5.それでも潰れたら

ここまでを全て意識的に実践すればまずありませんが、それでも楽しすぎて酔い潰れてしまう時もあるでしょう。そんな時はとにかく「吐く」「寝る」これに尽きます。なんとか家に帰ったらすぐに寝て下さい。着替えたりシャワー浴びたりするとすんごい気持ち悪くなります。次の日シーツ洗濯すればいいんだから、すぐに寝てください!