iphone7

よよよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

iPhone7に替えてからしばらく経ったので、普段使いでの使い心地をレビュー。

 

ホームボタンの押し心地

ソリッドステートボタンになったことにより、今までポチっと押していたホームボタンではなくなりました。物理的に凹んでいる感覚はなく、指にだけ伝わる感覚でタッチすることでホームボタンを押します。
こちらは賛否両論ではありますが、押すという動作を意識しなくても押せるような不思議な感覚で、私は気に入っています。指紋認証の正確さや速度も向上されているので、ロック解除は今までより遥かに快適になりました。

 

防水性

今までのiPhoneでも雨で少し濡れるくらいなら実際大丈夫でしたが、今回はそれを前面に出していますね。シャワーでじゃばじゃば洗っても平気なので、潜水させない使い方ならかなりタフな使い方ができます。私はiPhoneを壊したことがありませんので耐久面で不満は今までもありません。

 

イヤフォンジャック廃止

イヤフォンジャックが廃止され、Lightningでイヤフォンを接続する方式になりました。充電しながら音楽を聞くことはできなくなったので、これはかなり不便。しかし、iPhoneの構造上、イヤホンジャック廃止は良いことらしいです。アナログ信号で伝達する回路はこのイヤホンジャックしかなく、iPhoneにとっては邪魔。これを廃止してLightningポートからデジタルで信号を伝達することにより、他にバッテリーなどを入れるスペースのクリアランスが可能になったようですね。

 

カメラはそこまで変化なし

私は7Plusのデュアルカメラなのですが、普通に撮った場合、iPhone6とそこまで画質に差は出ません。話題のポートレートモードは擬似的に被写界深度を浅くして背景をぼかすのですが、境界線の検知が曖昧なので後から画像処理したようなものが撮影できます。iPhoneは記録的写真やスナップ写真を撮影することに使うことが多いので、この無駄にボケる機能は使い所が少ないように思えます。いざ撮影してみても、被写体と背景の輪郭がはっきりしていない場合などは、上手く輪郭を検知できず被写体すらボカしてしまいます。

 

バッテリー持ちも変化なし

新しいiPhoneにするとバッテリー稼働時間の長さが体感で分かるほどですが、今回ばかりはあまり実感できませんでした。iPhone6Plusの時点で、購入当初から現役引退までほぼ劣ること無くバッテリーを使用できていたのか、この点もいまいち感動せず。

 

さすがにここまでくると“劇的な進化”は難しいですね。こぞって買い換える必要は個人的には無いと思いました。