よよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

 

月額980円で電子書籍が読み放題になる「kindle Unlimited」サービスを解約しましたのでその理由をいくつかメモ。

 

そもそも俺、本読まないや

読書なんて言葉とは程遠い生活を送ってきた私は、趣味の雑誌をたまに買う程度でした本屋さんに行きません。そのため、月額読み放題になればちょっとは本を読むようになるだろうかと考えていたのが甘かった。読む習慣は身につきませんでした。

 

タダだから薄れる価値

モノの価値って不思議なもので、タダだと途端に価値が薄れます。高いお金を出して買った本と、道端で拾った本、どちらが大事かは聞くまでもないですが、やはり手軽すぎてダウンロードはしたものの読まないパターンが多くなります。

 

そしてチープなラインナップ

これは本当に苦痛でした。「kindle Unlimited」の専用ストアへ行くと、Amazonお得意のおすすめ本が表示されます。そのラインナップは、アダルト指向の強いものだったり、個人がブログで書くような安い自己啓発本、クソみたいな漫画、もうウンザリ。
「読みたかった本が月額制で読み放題に!」というイメージよりは、「しょうもない本を読みたい方はどうぞ、でも月額980円くれ」という感じです。

 

有力な雑誌も突然読めなくなる

とはいえ、釣りの雑誌やMac誌など他にも有名な雑誌があったので、それだけでも価値はあると利用登録したのも束の間。突然「kindle Unlimited」のラインナップから外れてしまうものがありました。目当ての本があった人にとって、これは利用価値がガタ落ちする瞬間です。

しかも、電子雑誌を快適に読むには8インチ以上のタブレットが望ましいこともわかったので、非タブレットユーザーは利用価値が下がります。

 

本を探しにくいUI

アプリやWeb、kindle専用端末のストアなど、様々な場所から「kindle Unlimited」本をダウンロードできます。しかしまぁ使いにくい探しにくいで、探しているだけでも嫌になっちゃいます。おすすめされる本も、よくこんなのおすすめできるなと感心するものばかり。

 

「読書」が好きなら価値はあるのだろうか

そんなこんなで、たぶん「読書」そのものが好きなら「文字を読む」ことはできるので、利用価値は存分になるのではないでしょうか。

プライム会員なら月1冊無料で読めるので、僕はそれだけで十分そうです。