_DSC5148

ゲームを極めた超高性能タブレットと謳われている「NVIDIA SHIELD」を購入しました!当方初Android端末で緊張しております。今回は開封の模様をご紹介!

「NVIDIA SHIELD」とは

ゲーミングPC向けのプロセッサー Tegra K1搭載の8インチタブレット。2.2GHz ARM Cortex A15 CPUにメモリ2GBが搭載されています。最大の特徴は、タブレット端末ながらゲーミングコントローラを使用してゲームをプレイできるところでしょうか。タブレットでのプレイはもちろん、モニターにHDMI出力して大画面でのコンソールモードや、PCゲームのストリームプレイができます。また、twitchでのライブストリームにも最適化されているので、簡単に配信が可能です。そして、NVIDIA運営「GRID」という定額ゲームストリーミングサービスにも対応。

残念ながら僕はPCゲームはやらないのですが、タッチデバイス史上最も熱いゲーム「Vainglory」がAndroidでも配信されたため購入に至りました。

関連:スマホゲームの常識を覆す最高のMOBA「Vainglory」Android版配信開始!

 

では、開封してみよう!

本体と純正カバー
今回は純正カバーも一緒に購入しました。液晶保護フィルムも一緒に頼んだのですが、まだ届いていません。裸の液晶に触れたくはないけれど、我慢できないので開けちゃいます!

本体登場
本体の登場です!

付属品
本体の下には付属品が。

充電ケーブル
まずは接続ケーブル。MicroUSBです。ライムグリーンのアクセントがいいですね。

アミタドライブ
お次はキューブ型のアダプター。他のプラグに干渉しまくりそうなデザインですね。

マルチプラグ
コンセントプラグは日本と、もうひとつはヨーロッパでしょうか。

本体前面
背景ががちゃがちゃしてて申し訳ないのですが、こちらが本体。前面にスピーカーが搭載されています。

本体裏面
裏面です。SHIELDの文字がかっこいい。ちなみにカメラはリアフロントともに5メガピクセル。

側面上部
上部側面。左から、スタイラスペン、謎の部分、MicroSD、ボリューム、電源となっています。

左側面
続いて左側面。イヤホンジャック、HDMI、MicroUSB、マイクとなってます。

起動
いよいよ起動!

ようこそ
初Android!iOSメインなのでそこまで使いこなす自信はありませんが、徐々に慣れていきたいと思います。

iPadと比較
iPad miniと比較すると、長編がより長く、短編がより短くなっていますね。比率も変わってくるので、iPadでは見えないところまで見えてしまうんだとか。

では今回はこれにて!使い勝手など、また後日レビューさせていただきます!