よよい!ジュカイン筆者バズー(@buzoo_jp)です!

美容室代、毎月いくらかけていますか?特に一人暮らしの学生はなかなかお金かけられません。そこで、セルフカット歴10年以上の僕がセルフカットの極意を教えます。

頻度は2ヶ月に一度程度、お風呂場で行います。髪型はいつもショートレイヤー(の真似事)。一番失敗が目立たないと思います。尚、美容師的知識は一切持ち合わせておりません!センスだけで乗り切っていますが、さすがに10年以上続けると激ウマになりますので、実践あるのみ!

 

必要なもの

スキバサミ(セニング)

普通、スキバサミと通常のハサミの2種類を基本使用しますが、はじめはスキバサミ1本でカットすることをオススメします。通常のハサミは扱いがかなり難しいです。
また、スキバサミはできるだけ刃の密度が薄いものを選んでください。その方が一度にカットする量が少ないので、失敗のリスクを減らせます。

 

クリップ

髪をブロッキング(というらしい)するのに使います。要するに邪魔な髪の毛を束ねるのに使います。これは好きに使って下さい。僕は後ろ髪を切る時に、後頭部上部と襟足を分けるのに1個だけ使用します。

 

ハサミは縦で使え!

まずはこれを肝に銘じて下さい!いくらスキバサミとはいえ、横でジョキッと切ってしまうと切り過ぎの原因に。縦で何回も何回もカットして、量と長さを削っていきます。

 

理由が無い限り根本は切るな!

「量を減らしたい!」からといってスキバサミで髪の根元を切るとツンツンしてひな鳥みたいになっちゃいます。毛先半分以上を縦にカット!基本です。

まずはサイドから切れ!

ウォーミングアップがてら、一番簡単かつ目立たないサイドからカットします。

 

前髪は意外と少ない!

前髪を切る時、結構な毛量を前髪と思って切っていませんか?ブラシなどを使い、ちゃんと前髪である髪を分けて切りましょう。「切りすぎた!」となる原因は前髪の切りすぎなので、ここは要注意。

 

髪の毛は乾いた状態で切れ!

美容室では髪の毛を扱いやすく、かつダメージを減らすために濡らしていますが、素人は乾いた状態、つまり普段の状態で行いましょう。髪は乾くと縮むので、切り過ぎの原因を防げます。

 

毛束をネジって切れ!

全体的に量を減らしたい時は、髪の毛をひとつまみして1回転ほどねじってカットしましょう。自然なランダム感が出ます。

 

後頭部を手の感覚を信じろ!

僕も後頭部のカットには最初苦戦しました。合わせ鏡を置いたりしましたが、見ながらやると逆に難しかったり。今は手で掴み、切りたい長さまで髪を伸ばしてノールックでカットします。意外と手の感覚は鋭いので、直ぐ慣れるでしょう。この時、心配な人はクリップでいくつもブロック分けして、襟足からカットしてください。写真で撮ったりして確認しながら、徐々に上の方をカットするようにして、リスク回避しましょう。

 

なんか変だなと思ったらそれ以上切るな!

失敗への分かれ道はここ。何かうまくいかないな〜と思って更にカットして整えようとしても、更に短くなって失敗してしまいます。一度カットをやめで、シャワーを浴びて髪の毛を乾かしてください。3日くらいすれば髪が落ち着いてきますので、そこで再度チャレンジするか、諦めて美容室に行きましょう。

 

今では友達の髪も怖がらずに切れるようになりました。女の子の髪もカットしてあげたりしています!とにかく経験がモノをいう世界だと思いますので、思い切ってチャレンジしまくってみてください!