AJEL / Pixabay

「おすすめiPhoneアプリ20選!」とか、「Macを買ったら最初に入れるべきアプリ」のような記事で必ずと言っていい程紹介されるアプリの中に「Evernote」と「Pocket」があります。とりあえずダウンロードしてみたけど、これといって整理することもなく、活用していない人がいるかもしれない!

というわけで、無理やりにでも「Evernote」と「Pocket」を使って日常の事柄を整理してみました。

 

Evernote

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

Evernoteでできること

・Evernote内でのテキストの作成や保存
・Webページの簡易保存
・ノートブックとタグでの管理
・作成日、変更日での並べ替えや検索

自分で作成したテキストの保存や、参考になるWebページを保存しておくのに便利。整理、検索がしやすく、大昔に保存したノートもすぐに見つけることができるため、長期的なアーカイブに向いています。
ノートブックでフォルダやカテゴリーのように分けることができ、さらにタグで細分化して管理することができます。

ノートブック
「日記」や「参考」「便利」などを振り分けてしまう方も多いと思いますが、ここでは自身の行っている活動内容別にフォルダ分けします。僕の場合ですと「写真活動」や「旅行」「体調管理」などです。

タグ
そのノートの目的や効果をくっつけてあげます。そのノートを読むとどうなるのかを意識してあげます。たとえば「日記」タグや「ログ」タグは、自分で作成した記録ノート、「参考」タグは、アプリの使い方や設定方法などを参考にしたWebページ、「便利」タグにはショートカットキー一覧表や便利アプリの記事などです。

【なにが,〜の(ノートブック)】【どうなる(タグ)】で考えると分かりやすい

活動内容で分けたノートブックが【なにが】
目的や効果で分けたタグが【どうなる】

僕の場合は・・・
【写真活動】が【便利】になる「Photoshopのショートカットキー一覧」
【体調管理】の【参考】になる「腰痛に関するWebページ」
【旅行】の【日記】を書いた「自分で作成した旅行記」
といった具合になります。

思いついたらすぐに書き、必要なときに引っ張り出す。自分だけの書庫のようなイメージが、「Evernote」です。

Pocket

Pocket
カテゴリ: ニュース
現在の価格: 無料

 

じゃあ「Evernote」にどんどん気になったWebページを保存しよう!とやっていると、不要なノートまでアーカイブしていることがあります。例えば、新発売の製品情報や近々オープンするお店など、ニュース系のWebページなどです。これは後で見る可能性が極めて低いですね。

それを防ぐために、気になったWebページはまず「Pocket」に保存します。

Pocketでできること

・Webページの保存
・タグ付け

まさにポケットとして使うようなシンプルなデザインです。朝のニュース閲覧や昼間に調べた事などをどんどん「Pocket」に入れちゃいましょう。タグ付けは今はしなくても大丈夫です。

例えば、出勤時間にWebで調べたて行ってみたいお店がありました。そのWebページを「Pocket」に保存します。それで、帰りや後日に実際に行ったら、そのページはゴミ箱へ。また、僕の場合はPhotoshopで編集作業に躓き、移動中などに解決策が載っているページを見つけることができたら「Pocket」に保存。それを実際試してみて、解決したらゴミ箱へ入れます。

EvernoteとPocketの連携

「Pocket」に保存したページは、「Evernote」に共有することができます。Webページなどで参考になった記事を「Pocket」に保存、それを後で読み返すことができるように「Evernote」にアーカイブしていく。そうすることで、前半でも述べたように「Evernote」は自分だけの書庫になっていくわけですね。また、「Evernote」に共有する際にタグ付けができるので「Evernote」内のタグで統一できるようにしておきましょう。

「Pocket」にはどんどん入れて、どんどん消化。アーカイブしたい記事は「Evernote」にしっかり保存。これでMacとiPhoneで連携して、情報整理が少し簡単になりますので、今まであんまり活用していなかった人は積極的に使ってみましょう!